散る桜 残る桜も散る桜

前日見た京都の天気予報は、曇りのち雨。
いい意味で裏切られた。

改修を終えた平等院の彩色に、桜がよく似合う。
往時の人々を想像しつつ、京都で想うあおによし。

午後から醍醐寺に向かうものの、天気が怪しくなってきた。
それと尋常ならざる人の数。
自分もその一人か・・・ などと憂いながらも、
今日だけは国宝伽藍に散り行く主役の背景になって頂いた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中