2013/05/01 石山寺

西国三十三ヶ所 第13番札所 石山寺
岩間寺からは、琵琶湖のほとりにある石山寺を目指す。紫式部が「源氏物語」を書いた寺として有名。
午後も3時を過ぎると参拝客もまばらになる。
空いている駐車場に車を入れて、まずは立派な東大門をくぐる。
2013.06.08.imgp1117_r

2013.06.08.imgp1119_r

参道は霧島つつじが満開。
2013.06.08.imgp1167_r

本堂に続く急な石段は、天空しか見えない。
なぜかテンションが上がる。
2013.06.08.imgp1136_r

石段をあがると、まずは毘沙門堂。
2013.06.08.imgp1138_r

正面には、寺の名前の由来にもなっている天然記念物の硅灰石がそびえる。その向こうに多宝塔があり、まるで水墨画のような景色。
硅灰石は石灰岩が地中から突出した花崗岩と接触し、その熱作用のために変質したものだとか。
2013.06.08.imgp1139_r

本堂は滋賀県最古の木造建築物とされており、内陣は平安時代中期の建築。 本尊の如意輪観世音菩薩は秘仏で、御開扉は33年毎。
入口付近には、紫式部が『源氏物語』を書いた部屋がある。
2013.06.08.imgp1142_r

本堂に入り300円の拝観料を払えば、内陣にあがれる。
2013.06.08.imgp1144_r

源頼朝の寄進で、1194年に建立された日本最古の多宝塔。
2013.06.08.imgp1159_r

後白河上皇の行幸に際して建てられたという月見亭。
2013.06.08.imgp1154_r

月見亭から、はるかに琵琶湖を望む。
2013.06.08.imgp1153_r

2013.06.08.imgp1156_r

2013.06.08.imgp1176_r

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中