遠江四十九薬師霊場

遠州地方に点在する四十九ヶ所の薬師霊場は、江戸時代からの昔から盛んで「春秋の彼岸には、諸病消除を祈願する巡礼姿の善男善女が関東地方からも大勢訪れ、行き交うさまが見られた」といわれています。しかし、その後の幾度かの戦争などをさかいに遠江の薬師巡礼は忘れ去られてしまいました。昭和52年7月に発起人らの尽力により復活し、再び巡礼が行われるようになりました。(参拝案内パンフレットより、一部抜粋)

広告